« アマゾンジャパンで労組結成 「恣意的な人事評価」廃止要求 | トップページ | 地域の行事と連動した年休取得促進のための取組を実施 厚労省 »

2015年11月21日 (土)

学生アルバイトの60.5%、「労働条件等でトラブル」 厚労省調査

厚生労働省は11月9日、アルバイト経験を有する大学生等1,000人に対して実施した「アルバイトに関する意識等調査」結果を公表しました。(経験したアルバイト延べ件数は1,961件)。
 それによると「労働条件等で何らかのトラブルがあった」人は60.5%、「労働条件通知書等を交付されない」ケースは58.7%とのことです。
 経験業種は「コンビニ(15.5%)」、「学習塾(個別指導)(14.5%)」などだそうです。


こちら、大学生等に対するアルバイトに関する意識等調査結果について


|

« アマゾンジャパンで労組結成 「恣意的な人事評価」廃止要求 | トップページ | 地域の行事と連動した年休取得促進のための取組を実施 厚労省 »

厚生労働省」カテゴリの記事