« 一致指数、前月比0.1ポイント低下 7月景気動向指数(速報) | トップページ | 正社員の過不足状況、17期連続で「不足超過」 労働経済動向調査 »

2015年9月22日 (火)

親子同居の割合52.3%、前回と比べ低下 社人研調査

 国立社会保障・人口問題研究所(社人研)は9月4日、「第7回世帯動態調査」結果の概要を公表しました。
 18歳以上の子を持つ成人のうち、子と同居している割合は52.3%で、前回調査(2009年)の56.5%より低下、子と離れて暮らす傾向が強まっているそうです。
 有効回収票は1万1,011票、有効回収率67.2%。

こちら、第7回世帯動態調査
http://www.ipss.go.jp/ps-dotai/j/DOTAI7/NSHC07_top.asp

|

« 一致指数、前月比0.1ポイント低下 7月景気動向指数(速報) | トップページ | 正社員の過不足状況、17期連続で「不足超過」 労働経済動向調査 »

未分類」カテゴリの記事