« 2014年の労働争議495件、5年連続の減少 厚労省調査 | トップページ | 「人口減少下での安定成長を目指して」をテーマに中間とりまとめ »

2015年9月 7日 (月)

2014年の入職率は17.3%、前年比1.0ポイント上昇 雇用動向調査

 厚生労働省は8月27日、2014年「雇用動向調査」の結果を公表しました。
 入職率は17.3%で、前年より1.0ポイント上昇、離職率は15.5%で同0.1ポイント低下した結果、1.8ポイントの入職超過となり、2年連続の入職超過となったそうです。

こちら、平成 26 年「雇用動向調査」の結果
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/15-2/dl/siryo.pdf

|

« 2014年の労働争議495件、5年連続の減少 厚労省調査 | トップページ | 「人口減少下での安定成長を目指して」をテーマに中間とりまとめ »

厚生労働省」カテゴリの記事